[当サイトへの問い合わせ]
konanse2★gmail.com

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

@股関節の痛み

股関節の痛みとは?


股関節と肩関節だけは球状で出来た関節で、さまざまな方向に動かせることから、球関節と呼ばれています。

他の関節とはちがい、球状をしているために、動く範囲が他の関節よりも広いのです。
まあ、肩関節は結構自由に動くのですが、股関節は上半身の重みを支える為に少し限度があります。

股関節の痛みとは?

sponsored link

原因


股関節の痛みの原因が外傷だと分っている時は、直ぐに病院に行き手当てを受けてください。

それと、スポーツなどで、いためた場合も同じように手当てを受けます。

ただ、股関節の痛みは慢性の者が多くあり、その大半が股関節の変形です。

昔の外傷や、スポーツ、使いすぎなどの原因が大半を占めています。

原因

症状


女性の方に多いと言われている股関節の痛みですが、その症状は人によってまちまちです。

股関節の痛みは、外的な原因のものと、内的な原因のものとに分けられます。

外的要素の物を外傷といいますが、ほとんどが怪我によるものです。

この場合は原因がはっきりしていますので、ご本人にも何の痛みかが分ります。

症状

治療


股関節の痛みに悩まれている方は、非常にたくさんおられるのではないでしょうか。

あまりの痛みに、専門の診療所を受診された方々のほとんどが、先天性のものです。

幼い頃にはその痛みが気づきにくく、そのまま年月を経て、股関節の痛みになっています。

このような症状が出始めて、おかしいと思い病院で診察を受けた方々の割合で80%もの方が先天性です。

治療

癖にご注意


股関節の痛みといっても人により原因が色々違います。

まず一番多い原因は、やはり股関節角度のずれなどに伴うものです。

特に内側に足の歪みが出ている方は股骨臼と大腿骨が痛んで変形性関節症になりやすいのです。

癖にご注意

変形性股関節症


日本人の場合は、先天的に股関節脱臼を患った方が他の国よりも多いといわれています。

先天的股関節脱臼が原因で、変形性股関節症となる方が多いのです。

先天的股関節脱臼は、原因ははっきりしていませんが、股関節の軟骨が磨り減ってしまうのです。

その事による原因で痛みが出始めて、ゆくゆくは歩く事さえも困難になってしまいます。

変形性股関節症

特発性大腿骨頭壊死症


股関節の痛みが原因となって起こる病気には様々なものがあります。

そのうちの一つに「突発性大腿骨頭壊死症」というものがあります。

突発性大腿骨頭壊死症はその名の通り、大腿骨頭の骨組織が壊死状態に陥ってしまうことです。

大腿骨頭は足のつけ根にある股関節の一部分であり、この部分が壊死してしまうのです。

特発性大腿骨頭壊死症

痛風


「通風」は日本でもよく知られている病気の一つです。

この通風は、股関節の痛みから発症するケースも多くあります。

生活習慣病の代表的なものとして挙げられるのが通風です。

通風はその人の生活環境や暮らし方に根付いた病気なので、治療は投薬療法よりもその人自身の生活ぶりを改善できるかどうかにかかっています。

通風

関節リウマチ


リウマチは日本人なら誰でも知っている病気の一つです。

そんなリウマチの中でも患者数の多いのが「関節リウマチ」です。

関節リウマチは股関節の痛みからくるもので、特に40歳前後の女性に多く発症する病気です。

日本では約100万人ほどがこの病気を患っています。

関節リウマチ

結核性関節炎


「結核性関節炎」は股関節の痛みを原因として発症することがあります。

股関節の痛みのほか、結核性関節炎の詳しい症状や注意点について見ていくことにしましょう。

結核性関節炎は血液を通して結核菌が関節内部に侵入することから起こります。

症状としては、関節部の炎症や腫れ、さらに股関節の痛みや他の関節痛などが挙げられます

結核性関節炎

骨軟骨骨折


股関節の痛みには、体をぶつけてしまうことによって起こるパターンが非常に多いです。

スポーツ時のアクシデントであったり、何かしらの原因で転倒してしまったりもします。

転倒による股関節の痛みは一生を通して誰にでもよく起こることです。

一般的な例としては、骨折(骨軟骨骨折)・打撲・捻挫・脱臼などが挙げられます。

骨軟骨骨折

関節鼠


股関節の痛みは歩くのも辛いものです。

この股関節の痛みから起こり得る病気はたくさんあります。

その中の一つに関節鼠と呼ばれるものがあります。

関節鼠とは、関節内部で剥離してしまった小さい骨のかけらが関節の中で動き回ってしまう病気です。

関節鼠

特発性軟骨融解症


股関節の痛みが起こる病気の一つに「特発性軟骨融解症」があります。

この病気はリウマチを患う人によく起こる病気です。

特発性軟骨融解症の症状の代表的なものが炎症性滑膜炎です。

炎症性滑膜炎は特発性軟骨融解症の初期段階で発症し、疼痛と腫脹などを引き起こします。

特発性軟骨融解症

一過性大腿骨頭骨萎縮症


一過性大腿骨頭萎縮症という病気をご存知でしょうか。

なかなか聞きなれない病名ですし、その存在はあまり知られていないかもしれません。

この病気は大腿骨頭の病気の一つで、股関節の痛みなどによって骨萎縮が生じるために起こります。

一過性ですから、そのままにしておけば自然に治ります。

一過性大腿骨頭骨萎縮症

sponsored link



関節の豆知識

年と重ねるごとに障害が絶えない関節。

関節を構造する仕組みは大まかに4つに分けられます。

まず1つ目は「関節面」。

これは、凸と凹の両面で構成されます。

つまり、骨と骨の繋ぎ目と思っていただければ分かりやすいでしょう。

もっと分かりやすく言うと、膝や肘の関節が正にそれです。

2つ目は「関節腔」。

関節腔は簡単に言うと、関節面にある隙間のことです。

3つ目は「関節包」。

これは、線維膜と滑膜でできています。

4つ目は「特殊装置」と呼ばれているものです。

この特殊装置には、靭帯や半月板などがあります。

生まれ持った機能で、ここまで完璧に仕上げられていること自体が奇跡という他ありません。

これらの機能の一つでも欠けた時に、人は痛みや違和感を感じることになるのです。

また、プラモデルを作られたことのある方は分かるかもしれませんが、可動部や関節部は非常に壊れやすいですよね。

人も同じで、区切られている部位はどうしても弱くなっているのです。

動き続けていれば、磨り減ってしまったり、または衝撃により破壊されてしまったり。

しかし、人体のすごい所はその壊れてしまった部分をある程度は身体の中で自然に元通りにしてしまうことです。

プラモデルだと、また接着剤だ溶接だと、すぐ直せるかもしれませんが面倒なものです。

当然、人間に接着剤は無意味極まりないので、サプリメントや食事でこれら修復機能の手助けをしてあげなくてはならないのです。

軟骨などであれば、コラーゲンやコンドロイチンなど、昔はなかなか手に入れられなかったものも、コンビニで手軽に買えてしまうので、そういったもので足らない所を補ってあげるのです。

何よりも、身体に無理をさせないことが身体のためです。


copyright©2010  @股関節の痛み  All Rights Reserved
サイト内の全ての文章・画像等の無断転載を禁止します